妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あーあ、言っちゃったよ
マイダーリンというか、マイパートナーというか、子どもたちの父親がですね。
昨日の夕食時、最近会った大学時代のサークルの先輩の息子さん(高校生)を評して
父「あれは、きっとアスペルガーだね!」
長男「アスペルガーって何?」
父「お前みたいなの」

って、えええええっっっ!!!!!

「お前、アスペルガー」って言うってそれ、それだけで本が何冊も書けちゃうっていう、一日がかりの講演会+質疑応答でも、聴く方はまだ聴き足りないっていうくらい、デリケートな話題なんですけど。
いや、主治医の先生なんかは、長男の場合そういうノリで言っちゃっても大丈夫と思うとは言ってたんですけどね。
↑2回しか会ってないし、長男の精神状態最悪の頃をご存知ないし。
一年間お世話になった、経験の多い通級の先生の意見は、「きちんと準備して、よくよくタイミングをはかるべき」、アメリカの自閉症研究の本拠地で勉強もし~の、国内での経験も一番多い人の一人~なソーシャルワーカーさんも、同意見なんですけど(/Д`)
もうね、ダーリン、私からの情報は受け付けない人なんですよ(本人意識してない)。
だから、長男のことに関しては、自分で情報収集するまで、待つしかないと思ってたんですけど。
思えば、MBPって靴のこととか、知り合いの整体師さんの話とか、「これで自閉症が治るんだって」(絶対、靴屋や整体師さんは『治る』とは言ってないはず。)とか言ってた時点でシメておくべきでした(つД`)
(しかも、靴は買ってやって付属のDVD渡して「見ろ」で終わりでアフターケアは一切なし~の、整体師さんの話も私に話して終わり、それ以上のアクションはナシです)
多分~話の時の反応では、長男、アスペルガーって言葉に特に何かイメージするものはなさそうだったので、明日からの中間テストの間は様子見。
でも、試験明けたら、同級生にうっかり「お前アスペルガー」(←いる。絶対いる。)とか言っちゃう事態も防ぐためにも、きちんと話をしなくちゃいけません。

ダーリンねえ、ダーリンが「アスペルガーってお前みたいの」と言ったあと、あわてて私が「こういうのとか、こういうのとか」と私とダーリン指差した時、かすかに不本意そうでしたけど、今回の一件だけでも、あなた十分、こっちの人だと思うよ~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousoutakenoko.blog33.fc2.com/tb.php/486-fd394d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。