妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さかのぼる その2
その場所で覚醒している時間のほとんどを過ごしたこと。
それは私にとってプラスだったのかマイナスだったのか。
たまに思い出しては、考えていた。

最近になっていろいろなことがわかってくるにつれ、
それが間違いなくプラスだったことを知った。

そこは多分、実社会のシミュレーションの場だった。

自分たちで考えて作る組織、予算、
つぎつぎとやってくる種々のイベント。
定期的に去っていく古参者たち。巡り来る新参者たち。
そして、何があってもどんな日も、世話しなければならない「彼ら」。


その頃、金銭上、組織自体が破綻する可能性もあったけれど、
慣例どおり行事を遂行していれば、無事終わる部門もあった。
そんな部門をまかされて、
生まれた場所でとは別の意味で、
いろいろな世代の人々に話しかけてもらった。



自分の人間としての「欠け」を
いやというほど思い知らされたけれど、
そのことを思うと今でも苦しいけれど、
その後の生きていく上で必要なことを
数えようもないほど多く、学ばせてもらった。



そして何より、自分が守るべき命を
愛することを、そこで覚えた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんか好きなんだよね…。やわらかい光りと明るい陰みたいな印象。
きっと全然違うけど、ユーミンの《悲しいほどお天気》がずっと流れてます、頭の中…。
2006/11/13(月) 07:56:48 | URL | レン #FsQlnSOY[ 編集]
レンさん(^0^)/
ユーミン、《悲しいほどお天気》は、私のラックの中にはなかったけれど
当時、駅への行き帰りに乗せてもらった車のどれかではきっと流れていたはず。

そういえば、ここに書いた場所、《中央フリーウェイ》に出てくる場所のすぐ近所でした。
そのとなりには、広~大な空き地があって、
そこで見た5月の空が、とてもとても広かったのを覚えています。
2006/11/15(水) 15:32:17 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousoutakenoko.blog33.fc2.com/tb.php/299-72eea867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。