妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャットのこと
確か、最初は同時企画のはずだったのですが、
帰省はさんで、だいぶ間が空いてしまいました。

「チャットについて」

グスタフさん、toyoさんに続いて、
蓮湖さんと一緒に、アップします。
─────────────────────────

○私がチャットにはまるわけ

チャット自体は一昨年あたりから、あるサイトで参加することはあったのだが、
特に昨年あたりからはまりだしたのは、ブログを読み始めたことと関連している。

私にとって、チャットとは、ブログやそのコメント欄で見かけて、魅かれた人が、ああ、そこに人がいるんだなと実感できる場所。

ブログの文章が、その人そのものを表しているには違いないのだけれど、チャットでの誰かの投げかけに、リアルタイムで応える言葉は、ブログの文とは別の輝きを持つ。言葉遣いや語調、長さは大体一致しながら、さらにその人の癖を際立たせてログが流れていく。その様子を見る楽しさ。

また、コメント欄で見かけていただけだった人たちも、投げかけ、受け答えするのを見るうちに、それぞれの人の面白さがわかるようになってくる。その上でコメントを見ていると、同じような言葉の裏側にもそれぞれの事情や考え方が反映できて、それも楽しかったり。

なにより、どんな人が相手でも、こちらの投げた言葉にボール返ってくる、その実感が楽しい。投げるボールは、本当に他愛ない話だったり、その人について前々から疑問に思っていたようなことだったり。どちらかと言えば、、ごく日常的なことをどうこなしているのか、そんなことを尋ねるのが、面白くて楽しい。自分の身近にもある事柄を、その人がどんな風に捉えているのかとか。
特定のテーマについて書かれることの多い日記の中には、なかなか出てこないその人の日常的なものの捉え方がでてくるのが面白い。

・・・・・

おしゃべりだけなら、リアルの生活でもよくしゃべる方。
でも、現実の人間関係の中では出来ない、しにくい会話がある。
ある時期には普通に楽しんでいたのに、今は蓋してしまった、心の中のある部分。
大したことないと言えば、大したことない部分なのだけれど、少し解き放てただけで、自分の身体の、縮こまっていた手足がふわあっと伸びるようになった気がする。

それが、「私にとってのチャット」

だから、ブログもコメントも見たことのない方、コメントに共感できない方とのチャットは、最初、かなり、苦手。
でも、この頃やっと、それも楽しいと思うようになった。


○私がチャットの時、避けていること。

ある。
といっても、マナーは結構いい加減。
人付き合い上の最低限気をつけるべきことも、かなり無視しちゃってるかも。

避けているのは、子どもの話。(してるけどね)
親になると、大抵の人が子どもの話を始めると止まらない。話するのも、聞くのも本当に面白いから。だから、お母さんたちだけのチャットのときはしたりしてる。でも、母親じゃない人が入ったら、実のない本当に仕様もない話でも、子どもの話より優先。
折角違う立場の人たちと話せるんだもの、リアルでいやというほど、話していることを、ブログの世界でも話し続けるのは、もったいない。

それと、年齢と体型の話。これも避けるようにしている。
話の流れの中で、笑いのネタとしては、オッケーだけど、実はなかなかに気にしていて、話し出すと退屈に長くなるから、話題が長引かないように気をつける。


参加している人たちの、いろいろな話を聞きたいから。
自分がこだわり過ぎていることの話題は、出来るだけ、短く切り上げるようにしているかもしれない。


○私が、チャットするのに必要と思うもの

相手に対する興味。知りたい気持ち。

相手のちょっとした言葉の糸口に、相槌を打ったり、疑問を投げかけてみたり。その過程で紡ぎ出される、個々のチャット相手の作る空気、それに触れるのが好き。
後から考えて、勇気がなくて、本当に聞きたいこと、言いたいことが言えないことも多いけれど、むしろ、他愛ない言葉の断片から少しずつ誰かの人間像を作っていくのが好き。



○今、私と、チャットと
チャット、少しは落ち着いてきたけど、結構過剰にはまっている。
ここまでなら健全な社会生活をおくれる、というラインを超えた時間、チャットにはいっている。
それよりなにより、絶対的に計れる時間のことだけじゃなく、心の中に占める割合の問題。これも困る。
チャットに入れないような状況のときに、(例えば家族で外出中)今頃、○○さんが入室しそうな時間だなあ、なんてかんがえて、ふっと目の前の家族たちことは忘れてしまっていたり。リアルの大事な人たちの気持ちをなくしそう。気をつけなくちゃ、きをつけなくちゃ。

一度にいっぱいやりすぎて、すぐに飽きるのでなく、長く続けたいから。
だから、もう少し、メリハリのあるように、参加の時間にくふうが必要かな、と思っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Non Title
書くには書いていたんですが
なかなか、みんなのようによ~く考えた文章が書けない
自分に気がつきました
お恥ずかしいですw

コロンさんやtoyo君グスタフさんみたいにいろいろ
考えなきゃいかないのですが、そんなこといってたら間に合わないので
とりあえずアップしましたが・・・
また考え直して、練り直して変えるかもしれませんがww

なんでもほいほいと考えなしに返事した自分を省みてます;;)
2006/08/22(火) 12:17:06 | URL | 蓮湖 #AhtLV67I[ 編集]
Non Title
でも、どうして、自分が蓮湖さんとこに遊びに行きたくなるか、
ちょっとなぞが解けた感じ♪

蓮湖さんの記事、好きです~。
2006/08/31(木) 12:17:51 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousoutakenoko.blog33.fc2.com/tb.php/250-480a4999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。