妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘い
好みの組み合わせのブレンドのコーヒー豆を買ったのだけれど。
(と云う程わかって飲んでいるわけじゃないので、
難しいことを私にきかないでね!)
思ったように抽出できない。

その豆を購入したコーヒー屋さんが能書きどおりに
凝った仕入れをして、保存しブレンドしているとすれば、
あとは多分ドリッパーと挽き方の相性が悪いと思われる。

一応、抽出法を言って挽いてもらうわけだけれど、
ペーパードリッパーと言うと、
思うとおりに挽いてもらえる時と荒すぎるときがある。
ペーパードリッパーというと、一つ穴と三つ穴があるらしくて、
うちのは三つ穴。
「違う」と思うときのは一つ穴を想定しているのかも。

で、なにが起きるかというと、
コーヒーの<滴り落ちる穴の数が多い分、抽出時間が短くなるので、
充分に成分がコーヒー中に出てこないのかなと。





私がコーヒーに求めるもの。

口中に含んだときの舌の上、先っぽの少しだけ奥のほうで
苦味に一瞬遅れてやってくる甘み。

薄いとだめ。
焙煎が浅くても甘みを感じるコーヒーもあるけれど、
苦くて、それにつれて甘く感じるのが好き。

味覚地図とかあるけれど、それとは異なる場所に感じる甘み。

濃い紅茶やよく煎れられたお茶、抹茶なんかの
口の中に広がる熱さと苦さと一緒の甘みって、
どういう仕掛けで起きるんだろう。

苦いのに「快」を感じるってなんなんだろう。

そんな苦みと甘みが、
いつも求めているバランスでやってくるとは限らないから、

いいカフェを探したり。
通りがかりにコーヒー豆を買ってしまったり。
淹れ方についての解説を一生懸命読んでみたり。


でも、いつもやってくるとはかぎらないままに、
とりあえず、「苦いの」を注文してしまう。


思うのだけれど、

苦いもの常用する人って、
実は人知れず、満たされない甘さを求めているのかも。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Non Title
んん、いろいろ試してみましたが、カリタ式(3つ穴)をメリタ式(1つ穴)に変えてみると、だいぶ変わる感じです。味や香りが凝縮されるというか。
> 苦いもの常用する人って、実は人知れず、満たされない甘さを求めているのかも。
おお、なんか哲学的かも! w
2006/04/16(日) 23:59:48 | URL | 三上 #-[ 編集]
Non Title
三上さん、コーヒー、
やはり、ブログのタイトルに入れるだけのことあります。

そうなんですよね~。
いっつもどっちがカリタでどっちがメリタかわからなくなるんです。

やっぱり、一つ穴のをあらためて買おうかなあ…。

ネルドリップ…になると、器具を清潔に保つ自信がないんだけど、
美味しいのは、ネルドリップ!っていいますよねぇ。

サイフォン式はもう、維持管理の点でまずありえないし、
目の前で淹れてもらって、美味しいと思ったことないから、
好みが合わないのはわかり切ってる。
でも、ショーとしては楽しいですね。

>哲学的
うはは(≧~≦)
2006/04/17(月) 11:41:30 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousoutakenoko.blog33.fc2.com/tb.php/174-72475025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。