妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゾロリは見なかった
一昨日の晩、深更までチャットしていたので、
翌日こどもたちと行く予定のゾロリでは、
「さぞよく寝るでしょう」と予告していた私だった。

そうでなくても、土曜日からこっち少しずつ
睡眠時間が毎日不足していたし。

が、シネコンに着いたら、
前からなんとなく存在を知っていた映画が
ゾロリとほとんど同じタイムスケジュールで上映していたので、
子供らには、「終わったら待ち合わせねっ」と言って
私はそっちを見たんである。

寝ませんでした。
とても静かな映画だったけど。

ある夏、大自然の中の仕事場で出会った二人の話。


一人の男の方には、かわいい婚約者がいる。

でも、ハードな仕事をこなすうち、ふたりはデキてしまう。

けれど、やがて、仕事の期限は終わり、ふたりは何の約束もなく
別々の場所へと帰っていく。

どんなにお互いが好きでも、当時のその社会では、
許されない組み合わせだったから。

婚約者のいた男は、予定通り結婚式を挙げ、
赤ん坊が生まれ、平凡な日々が過ぎていく。

もう片方は、翌年も同じ職場に行ってみるが、
前年の相棒がその年は現れなかったことに失望し、
そしてやはり、結婚し、子供が生まれる。

けれど、4年後、一通の葉書が最初に結婚した方の男に届き
二人は会い、思い出の場所に出かける。

そしてその後、二人は定期的に逢瀬を重ねる。


逢瀬の合い間のそれぞれの生活のエピソードも
二人の間に起こることも、淡々と描かれていく。



それで、私が誰に感情移入したかといえば、
最初に結婚した男の奥さんなんだな。


…だって、社会的立場がいっしょだものね。

結婚後の最初の逢瀬の時に、奥さんは
ただの大親友と思っていた二人の関係が
実は、もっと特別な関係だということを目撃してしまう。

そしてその後の何年かを、彼女は、二人の逢瀬の度に
悶々として過ごすのだ。

子供のいない頃の私なら、
「さっさと離婚した方がいいのに」と思っただろう。

けれど、子供がいれば、ことはそんなに簡単ではないわけで。

そんな風に、他の人間を苦しめることになるなら、
二人は、いったん別れて別々のパートナーを持ったりするべきじゃなかった、と思うわけで。

まあ、どんなに愛し合っていたとしても
また会って、
ヤッちゃったりしなきゃいいだけなのかもしれないけれど。

世の中には、どんなに愛し合っていても、
事情があって結婚できなかったカップルはゴマンといるわけで、
それでも、結構、その後に得た家庭とか生活とかを大事にして、
平和に幸せに生きて、やがて死んで行くんだろうけれど。


それでも。


何だかなあ…。


ねえ…



映画はこれです。


映画としてお勧めだったかどうか、といえば
それはもう、俳優が好みかどうかとか、個人的な好みで
違ってくるでしょうとしか言いようがない。


淡々とした映画。

性的な描写も、ないこともないけど、ほんとに、ちょっと。


ただ、二人が会い続けるその場所の、風景がとても気持ちよくて、
それだけを楽しむために映画館で見てもいいくらいだと思った。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ある種リアル
その映画(見た方ね)予告とか
見たんですが、なんだか辛くなりそう
な予感がしてて、今やってるんですが
ちょっと行けないかなぁ、と。
もともと恋愛モノはあんまり見ない
ですが、これはちょい辛いかもって
勝手に決め付けてます(笑。

http://www.bokukare.jp/index_2.html
これは面白そうなんで、買おうか
なんて思ってるんですけどね。
2006/04/01(土) 02:20:43 | URL | レン #FsQlnSOY[ 編集]
レンさん、それでか~
客席、空いてたけど、女の人ばっかだった。
時間帯のせいもあると思うけど。(平日の昼間)

当事者じゃない身からすれば、
「だったら、おまいら、世間気にして別の生活選んだりしないで、
イヤになるまで一緒に居とけ!\(`д´)ノ」って思った映画でした。

あ、でも、最初に別れたのは、世間気にしてじゃなく、
可愛い婚約者がいたからなんだけど。

恋人と家庭、どっちも大事であっちとこっち、ふたつの自分がいるってのが、切ないと思いました。
一緒にいることにしなかったのは、片方の父親が昔、同性愛者を激烈に迫害してたの見て、トラウマになってたから、なのかなあ。

これ見るのにシネコン入るとき、携帯でブログ読むのに夢中になってて、映画館から出てきた人達とぶつかりそうになったんだけど、相手は手をつなぎ合った高校生ぐらいの男の子同士でした。
わっぶつかる!って見たら、目の前にぎゅっと繋いだ手があったんだ~。

レンさんの面白そうって書いてるそれ、ノベライズもでてますね。
トニー・ヤン、か~わい~。
2006/04/01(土) 07:04:17 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
Non Title
俺なんか実家で二人の自分・・ですからねー。
手を繋ぐのは元々苦手だから、自分から手を繋ぐ事は
無いけれど、タツは車の中とか、人気の無い場所とか
すぐ手を繋いできます。
そういう時、俺が可愛い女の子なら、堂々と手を
繋げるのに、なんか気の毒だーとか思っちゃう。
まぁ、俺が女の子なら気持ち悪いですが(笑)
2006/04/02(日) 09:01:55 | URL | レン #FsQlnSOY[ 編集]
レンさん、タツさんてほんとに
かわいいですねー。まあ、レンさんの目を通して見るからなのかもですけど。かわいい女の子だったらって言っても、実際タツさんが好きなのがレンさんなんだから、その仮定は意味がないといえば、意味がないとのだ~。
〉同居
うっふっふ。まあ、タツさんの人柄の良さが良くつたわって、家族が「生涯のぱーとなーなのか、そうなのか」と、なしくずしに納得する日が来るかもな~、って思って読んでます~。
ここでネタバレしちゃっていいのかなあ。
映画、最後、片方が事故で亡くなって、相手は、次の定期連絡(?)のときになって、初めて知るのです。それもまた、切ないです
2006/04/02(日) 23:36:10 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
Non Title
自分もこの映画は、見るかどうか迷ってる派です。
コロンさんの書いてる映画の公式サイトのBBSを見たら、かなりカムアウトされている人もいて、それにたいしてのコメントも好意的なのが多かったんだけど・・

コロンさんのおかげで最後がわかったから(ありがとう)、見に行かずにDVD出るまで待っていようかな。
2006/04/03(月) 03:05:39 | URL | V #-[ 編集]
Vさん、どうも~
〉結末わかったのでDVD待ち
よ、よかったのかな~。記事の最後にも書いたけど、繰り返し出てくる、ふたりの思い出の場所は、映画館行かないと~、です。
ところで、流樹さんのところにコメントされてるの、拝見しました。なんて言うか、あそこは管理人さんと同じような立場の方のコメントがほんとに少ないので、よかったなあ、なんて勝手に思ってます。Vさんのブログみることで、将来像をイメージ出来たらいいなあ、と思うのですが。どうでしょうか。
2006/04/03(月) 06:31:19 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
ヘエ‥
ラストはそうなるんですね。別に答えを求めている訳じゃないけれど、死んだりせずに生きてどうやって行くのか‥ってところを見たかったですね。(すっかり観た気分・笑 )
タツは、よく洗い物をしてくれるようになりました。一人っ子で全部お母さんがしてくれていたので、かなりな進歩であります! 米を研ぐてつきがかなり変ですが(笑)。
2006/04/03(月) 13:49:36 | URL | レン #V0dEQAY6[ 編集]
あららら
〉見た気に
テレビでon airされたら、「コロンさん、全然違うじゃ~ん」とか叫んでたりして。
〉お米研ぐ手付きがあやしい
実はレンさん、それもまたかわいいと思ってるんだったりして(^_^;)
2006/04/03(月) 19:46:35 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
Non Title
>将来像をイメージ出来たらいいなあ、と思うのですが。

・・どうですかね?
みんな、それぞれ背負っているものが違いますし、家族の事とかもあるので、正直こうだ、とは言えません。
でも自分達にも、流樹さんのところと同じように「お試し期間」があったので、あの記事を読んだ時には、ちょっと懐かしくなってしまいました(笑)
2006/04/05(水) 23:41:33 | URL | V #-[ 編集]
Non Title
>みんな、背負っているものが違う
まあ、そうですよね。
それにどんな職業についてどんな風に生きていくのかもわからない時に
どんな人と一緒に生きていくのかをイメージするなんて難しいですし。

>お試し期間
それは、ちょっと、聞いて見たい感じ。(実はすごく聞きたい(笑))
2006/04/06(木) 11:02:08 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousoutakenoko.blog33.fc2.com/tb.php/164-e608c486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
映画の惹句というのかな、「20年もの間、密かにお互いを想い、愛をはぐくんでゆく・・」みたいなアレを最初に聞いた時には、「もしかして俺達の映画ですか?」(いや、そん
2006/05/12(金) 02:21:27 | すきツレ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。