妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肝心なことをいうのは難しい
私はブログ中で、パートナーとはうまくやっている風に書いているが、
まあ、確かにある面では上手く行っているのかもしれないが、

いわくいいがたく、微妙なところもある。

まあ、世間一般の夫婦ってこんな感じみたいなんだけれども。

以下、ものすごくよく聞く、既婚女性のとりとめもない愚痴なので、
つまらない話は苦手ってひとは読まないでください。

アルコールが入れば馬鹿話に興じることはあるけれども、
本当に話したいことは、話せない、とか。

なにかこう、これが男女の違いというものなのか、生まれ持った口調なのか、
こちらの提示した話題に対して、帰ってくる彼の返事が短くてきつすぎて、
本当はもっとだらだらと、前後関係や周辺の事情のことなんかも
話しかったのに、はい、そこでおしまい。と切られてしまって、
こちらとしては、その話題を持ち出すだけで結構なエネルギーを必要とするのに
こんな調子なわけで、
次に「私の話したいこと」を話すまでには、
3年間ぐらいの充電期間が必要だったりする。

あとは、私の聴覚の問題もあって、私はごく軽い難聴なんで、一部の子音がものすごく聞き取りにくかったり、
母音でも聞き違えることがある。

といっても、普段の生活で困るのは、雑音の中で相手の話を聞き取らなくてはいけない時ぐらいで

1対1で騒音の少ないところで話す分には、まず困らない。
はずなんだが、彼の発音は、際立って、母音が短くて
聞き取りにくい。

なので、何度も聞き返すことが多くて向こうが腹を立てて、
「もう、いいよ」ということになる。

こちらは、全然、もう、よくはないのに。

難聴気味なのはわかっているはずなのに、いちいち腹を立てられては、
なかなか会話をスタートさせることなんて、出来ない。


彼にはそれはそれは長い期間没入している趣味があって、
家にいる時は、食事と寝る時意外は、
自分の部屋にこもってしまう。食後に話したいことが、と思っていても
ちょっと後片付けしている間に、すーっといなくなってしまう。

その趣味はアウトドアの活動も伴うので、休日の半分は家にいなくてほったらかされてしまうとか。
一緒に行けばいいのかな、と思って、たまに一緒に行くこともあるのだけれど、
というか、一時期私も同じ趣味に没頭していたこともあるから、
一緒に楽しめばいいのだけれど、
その場でほったらかされている時間が長すぎて、
それと、彼はその場に属しているけれど、
自分はその場に属してない、という疎外感が大きくて
段々楽しくなくなる。

あとは、まあ、子育てが大変だったときのうらみつらみとか。

彼の職場は、おおむね週休二日は確保できるけれど、労働時間が長くて、
帰宅は終電時刻というのが当たり前のところで。
平日、子育てを手伝うのはまず物理的にムリ。
それで休日が上のような過ごし方なんで、
居るのに手伝ってもらえないというあたりの納得できなさがあった。

彼は、「助力は、請われなければ与えない。
助けてと言われてもいないのに手伝ったりはしない。」
という主義で、それはそれで一つの主義なんだけれど、
一度、本当に勇を鼓して(笑)
「これこれのことを手伝って」と頼んだ時に
「いいよ」と言いつつ、PCの前から離れられなくなってて
(これって最近すごく気持ちがわかるんだけど(笑))
実行を促したら、なにか、手ひどい拒否にあったことがあって、
(「やらない」と言ったわけではないのだけれど)
それ以来、一人でこなすのがきつくて手伝って欲しいけれど、
また同じ目に合うのが恐くて、助けてといえない。
そんでもって、近くに頼めばいつでも手伝いにきてくれる頼りになる義母がいるのだけれど、
彼がいるのに、そうそう義母に助けを請うのもなあ、と思って、
これまた、しんどくて助けて欲しくても
彼が家に居る時は、義母には助けてと言えなかったり。

・・・・・・
この頃、段々わかってきたことは、彼には悪気はないらしいということだ。
ただ、気づかないんである。

それでもって、私と彼と、両方とも、人に尽くしたいとか、人を喜ばせたいとか
あまり思わないタイプだ。

はたから見て、ああ、いいなあ、と思うカップルは、どちらか片方、または両方が
人にサービスするのが、素質なのか環境の成果なのか、
身に付いている人だったりする。
それができるには、心身の余裕も必要だし、
出来ないからと言って、愛情がないというわけではない。

その辺がわかって来て、
こどもに手がかからなくなったこともあって、
彼と話すためには眉間に縦皺って状況は改善されつつある。

そしてまた、性的なことについていろいろ書かれたサイトを廻って見て、
自分がセックスしてもいいなと思えるのは
彼だけだろうななどということも考えたり。


そういうわけで、最近、私の側からの双方の関係はよくなっているのだけれど、
あと、二十年とか三十年とか幸せに一緒に生きて行けるかというと
それはちょっと難しいよね、と思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すっごくわかる
大きくうなずきながら、読んだよコロンさん。

私の旦那さんは「気が利かない人」と、私の実家では
登録されています(苦笑)
それで何度も旦那と衝突し、そこで彼がいつも言う言葉が
「いわなきゃわからない。」でした。
「言わなきゃ解らないッて堂々という奴は社会人失格だ!!」
といつも私は切れてましたね。。。
が、旦那の実家に同居になって初めて解りました。
気が付かない一家だったのです。。。。
そして、結婚当時より気が付く旦那さんがそこに現れてました。

異性の結婚てほとんどがそんなものですよね。。。
同性同士のカップルの方がお互いを尊重しあえる理想のカップルになるんじゃないかと最近つくづく思います。

でも、私もsexは旦那さんで良いですぅ。(*‥*)
2006/03/07(火) 13:18:27 | URL | プクママ #9ddgPdqs[ 編集]
私もわかる
改めて、こちらでははじめましてコロンさん。私もちょっと、コメントします…

うちの場合。
子育てしてる時、なるべくだんなさんに、子供に接して、子供の面倒を見て欲しい、と思い、言っていたのだけど。だんなの実家がもの凄く近いのもあって、出てくる言葉は、「親父に頼め」で、私が一度、子育てやそんなだんなに疲れた、と愚痴ったら、「実家に帰ってくれば」と言われました。その時のショック、は今でも改善されてません~
でも、確かに。
気付かない人、は何を言っても、気付かないんですよね… その上、面倒くさい、という気持ちもプラスされてました、うちの場合。

ほんと、結婚して生活してきて、初めて自分がどんな人と、どんな風に生活したいのか、を知った気がします。
なので。
ちょっと、いろいろと思案中~

Sexは今のだんなさんがいい、と思えるお二方は、きっと、大丈夫ですよ…
2006/03/07(火) 15:48:16 | URL | りん #oWMM.ioY[ 編集]
プクママさん、「登録」って(笑)
確かにいろんな気遣いするのが当たり前って、家庭で育った人が
そうじゃない育ちの人と生活するのって、
ストレスたまるみたいですね。
うちの、おとなりさんも、そんな感じです。
パートナーは、どちらかと言えば、
私の実家では気の付く婿さんの中にカウントされてる方なんです。
でも、私と居ると、スイッチがオフになるらしい。
というか、オフに出来そうなのを選んで結婚したのかなあ、と思います。
こちらとしては、それもなあ…という感じです。

理想のカップル…うーん、巷で言われるように、
一般的な脳の作りが性別によって違うとしたら、
同性同士のほうが一緒に住むのには快適ですよね。

>旦那さんで良い…よかったです♪
スキンシップがあれば、とりあえず相手に対する気分が
固い→柔らかいに変化するっていうのはあると思うのですよ。
いろいろあっても。

りんさん、はじめましてでしたか(^^;
子育ての過程で出来たわだかまりって、消えないですよね。
私も、どんなに二人の関係がよいものになったとしても
一生、その点だけは忘れないんじゃないかと思います。

家庭を持つことにした時点で、子供を育てる主役は
あくまで父親と母親という思い込みでスタートしたのに
そうならなかったショックは大きいです。
私の場合、特に子供が生まれた頃社宅だったので、
同じような条件なのに、よその家の父親たちが
積極的に子育てに関わるのを目の当たりにしていたので、
なおのこと、納得できないということもありました。

思案中、なんですか。うーん…。

2006/03/07(火) 23:25:37 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
うちもです
平日は、子供が寝てから帰って来るから、ほとんど手伝ってもらえなかったですね。
唯一、お風呂だけは入れてもらうようにしてましたが。

また、妊娠出産&子育ての大変さを分かってくれない人だったので、今でもケンカになるとその事を思い出してしまいますね。

うちの場合は、実家が近所だったんで、
出張中は親に助けてもらえてたんで、
良かったですが。
2006/03/13(月) 00:07:12 | URL | 美冬 #N7ozcVVM[ 編集]
美冬さん、そうそう
>ケンカになると
そう、相手に対してマイナスの感情が表れた時に
次々あれやこれや思い出してしまうんです~。

子育て関係は、期間も、がっかりした回数も多いから、
特に忘れられないです(;-;)

2006/03/13(月) 02:12:03 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousoutakenoko.blog33.fc2.com/tb.php/149-d0d4748b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。