妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うさぎ、つり橋、家、鍵…
深い深い谷にかかった、たった一本のつり橋が、
僕を君に結びつける道だ。

君自身、いつからそこに住んでいるのか、記憶がない。
いつの間にか、そこに住んでいたのだと。
君はつり橋を渡らない。
常に誰かが、君のために
食料や、生活に必要なものを運んでくれていたのだと。

君にとっての「男」は、僕が初めてだった。
僕以前の人々は、いったいどんな縁で、
君にいろいろなものを運び続けていたのか。

君といっしょに住んでいるのは、一匹のウサギだけ。
大切に飼われるウサギが病気で死ぬことはめったにないのだけれど、
寿命が来て死ぬと、誰かが次のウサギを持ってくるのだとか。
写真も撮らず、日記もつけない君にとって、
今のウサギは何代目なのか、
もう、判然としないようだ。

ある時訪ねたら、ちょうど、君のウサギの臨終に
立ち会ったことがあった。
長い隔絶された暮らしのせいなのか、
どこか感覚のずれた君は、ウサギの死を
とても淡々と受け入れていた。

寝室と、居間兼台所兼食堂のふたつの部屋だけ。
シンプルな君の家は、僕が訪ねる時は
いつも鍵が開け放たれている。
僕が泊まる時、夜とても厳重に鍵をかけるので、
「昼間は、あんなに無用心なのに、
夜は随分厳重なんだね。」と言ったら、
「いつもはきっちりかけているのよ。
あなたが来る時は、わかるの。
だから、やってくるすぐ前にあけておくのよ」
と君は言った。


四題話作れって久礼さんのところに書いてあったんで、
作ってみましたよ。

心理テストですね。

あ、鍵は、持ち歩く方の鍵か。間違えた。
うーん、鍵については…
鍵を道端で拾って、その鍵に合う家を探したら、つり橋の向こうの家に辿りついた、だな。


   ↓
四つの言葉が象徴するもの

うさぎ=恋人
つり橋=人生
家=家庭
鍵=愛情


がーっっっ!!!

どうせ、私は結婚願望、強かったんでしょうよ!!

でも、ウサギのとこだけ、微妙なのが、
面白かったりして(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今 考えるとどうしてもエロスに結びついてしまう・・・
(ノ_-。)職業病になりつつある今日この頃・・・
2006/02/16(木) 01:55:16 | URL | 真夜中のジョニー #-[ 編集]
ぐはっ。ジョニーさんの
エロス四題話、読みた~い!!
2006/02/16(木) 01:57:11 | URL | コロン #9K54kpoI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousoutakenoko.blog33.fc2.com/tb.php/128-23c4e560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。