妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変わらない私(^_^;)
すごーく簡単な会計のまとめ作業、今週中に締め切りなんですが。
(家計とか税金とかじゃないです。もっと簡単)

朝から(年末もやらなかった)台所の床みがきをしている私がいる。

水拭き+洗剤かけて乾拭き+ワックス掛け(簡易タイプ)


ずっと会計だったら、さぞ家の中きれいになるでしょう(笑)



中高ずっと、テスト前と言えば部屋の掃除と模様替えでした。


・・・でも、部屋はきちゃなかった。
スポンサーサイト
目がかゆい…
めがかゆい ああ めがかゆい めがかゆい


帰宅後洗眼もしたし、
ケトテン目薬も差したし、
夕食後、抗アレルギーの薬も飲んだし、
今朝ヤクルトも飲んだ。
夕食では、青シソも摂ったし、
関係ないかもだけど、蕗味噌もちょと食べた。


でも、めがかゆい(つДヾ)



お、あとシジウム茶だ λ…
姉妹編
20090211235112
姉妹っていうか、おとうと?
これはやっぱり写メるでしょう
20090209204413
そしてブログに上げるでしょう。
恥ずかしい(≧∀≦)体験
20090204013808
今日いきなり思い出したこと。
生涯の最も恥ずかしい思い出のひとつ。
大学2年の時流出した私のノート。
当時の私の生活。
平日のうち三日は、「朝6時半から9時までサークルの練習に参加したあと(活動場所から1時間半かかるところに住んでいたので、起きるのは4時半)、そこから1時間かかる大学に向かう。」
授業時間中まるっと起きていられるわけがない。
その結果私のノートは、涎の後こそコピーにも写らないものの、断続的に寝ては起きてる様が見事に表現されていた。
(あなたも覚えがあるでしょう。 字が段々判別できなくなり、ついにはただの曲がりくねった線になる様子を、後から見返してちょっと情けなくなるあの感じ)
変な話、あのノートのことを思い出すと、あまりに自分の生活そのものというか、コピーしたのはほんの2、30人分とはいえ、自分のヌード写真が流出しちゃったような気分になる。
諸事情により、しょーがなかったんですけども。
「みんなのお蔭で進級出来る自分」が居たわけですしー。

大学の授業といえば、真っ暗い中で図表のスライドの解説されてメモなんか取れなかったりとか、展開早くてついて行けなかったり眠かったり眠かったりで、まともなノートは取れず終いだった。
もっとも、ダーリンに言わせれば、「ノートなんてどうせ後から見返したりしないんだから、取っても意味ない」なんだそうで。
今思い返しても、大学の勉強って、授業で教えてもらうものじゃなく、もっと自主的に学ぶもの、授業は叩き台と行ったところか。
ここ十年位思うに、何かを深く学びたいと思ったら、学校に通うよりは取り敢えず本を探して読み込んで行く方が余程身になるかもしれない。

とはいえ、長年、真剣に専門的に物事に携わっている方たちって、それぞれ秀でた独自の知見や切り口があるなあと実感することもある。
そういうわけで、今だからこそ、学生時代より余程真剣にメモを取り、後から何度も何度も見返して参考にするようなこともある。

話が支離滅裂になっちゃいましたね(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。