妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末年始
年末年始は、更新及びレス、お休みいたします。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ♪
スポンサーサイト
ドネルケバブ!!
ドネルケバブ屋さん!!
隣駅の商店街の中に、いつの間にか、出来てたよ~ん♪
もちろん、その日の夕飯は、ドネルケバブ。
「えー、いっつもうちで食べてるじゃん」
「だ~か~ら~、違うんだって。
 確かにね、ピッタパンと、ジャンで味付けた薄切り肉と
 チリソース使ったタレで、それっぽいもの、作ることはあるよ?
 でも!ちーがーうーの!!」
って、あー、もう、検索して、店頭の肉スライスしてる様子を見せてやりゃ、よかった!
いちもくりょうぜ~ん!!!
ぜんっぜん別物でしょ?!
また、この、何やらいったんスライスされて再度固められた肉ような肉の、
焼いてる匂いが~、独特で~。
いったん嗅ぎ慣れちゃうと、忘れられなくなるんだよ~ん♪

そんでもって、この、すんごい、のこぎりみたいな包丁(?)を持つのは、
濃いい濃いい顔のお兄さんでなくては、いけないんだよ~ん♪

連れてってやらないと、わかんないよね、うん。


[ドネルケバブ!!]の続きを読む
ステレオタイプ
本日の8歳児との会話

ハチ「最近、誤変換とかが多いんだって」
コロン「ほー」
ハチ「例えば、『もう、そうするしかない』っていうのを
  『もうそう、するしかない』とか~」
コロン「あ~(ほんとに、こいつ、わかってんのかいな)
    秋葉原に通う人みたいな感じ~?」
ハチ「あー。そうそう。
   メイドさんとか、いるんでしょう?」
・・・・・・・・
わかっているらしい…(-_-#)
情報化社会って、何か、やだ。
…っていうか、もし普通に気力体力財力があったら、池袋に通い詰めていたかもな自分を棚にあげて、秋葉がどーこー言ったとこに、迂濶さがあったんだな。

池袋か…

そういや、ヘッセの車輪の下を読んだのは、
中学か高校時代に、担任がチョイスして、学級費で買った学級文庫の中に入ってたからなんだよなー。
昨夜からずーっと考えているんだが、どの担任の時のことなのかが、どーしても、思い出せない…。


動脈高価…
・・・・・・・

誤変換ってみました。

ヨーカドーの昨日の広告ですよ。

牛肉のフォアグラ添え。

また、作り方なんか、ネットで検索出来ちゃうからね。

たっか~、と思うから4人家族に一人分しか、買いませんでしたとも。

ほんでもって、なんとな~くそれらし~く出来たフォアグラソース。

皆さん、お気に召したようで。

もともとのお肉にはもちろん、

ベイクドポテトにも、チキンローストにも、かけてましたさ。

脂肪肝+脂肪たっぷり生クリーム+肉汁の組み合わせを

んまいっっ

と思ってしまう遺伝子がニクい(T_T)

死ぬまで元気!までの道のりは、遠いなあ…。
ここ、住めないかなあ
20061223095046

うんと小さくなんないと、だめなんだけど。
[ここ、住めないかなあ]の続きを読む
とりあえず、ひとくぎり
唐突に始めた、「迷走の道」カテゴリーですが、
とりあえずここで、一区切りつけようと思う。
今までブログの中で避けて来た息子の話を書き始めたのは、
ひとつには、前にも書いたように、自分の頭の中を整理する必要があったから。
けれど、もうひとつの理由があって、それは、生まれつきこういう性質
(上の行の「性質」をクリックすると出るリンク先、長文なのですが、
ざっとでいいので、最後まで見通してください。m(_ _)m)

を持った人がいて、その性質はなかなか本人が自分で治すことが出来ない
(治す必要性すら認識出来ないことも多い)、ということを
いくらかでも他の人に知って欲しかったからだ。

[とりあえず、ひとくぎり]の続きを読む
人生いろいろ
20061216092206


今朝は、脳梗塞で入院した方の奥さんと会って、立ち話。
歩行機能はそこそこ回復しそうだけど、利腕は無理かも、とかそんな話。

「検診もまめに受けてたし、食べ物なんかは脂っこいものそんなに食べないのにね」なんて。

「やっぱり、ストレスと忙しすぎたのが、原因かな」と。

年齢的には、若い方じゃないけど、まだ悠々自適には間があって、という年代。
出来れば死ぬまで元気でいたいけど、わかんないよね。
本日の教訓
卵を二パック買って帰った時は、
玄関先で何を見ても、ブチ切れてはいけない。

お菓子作る趣味もないのにどうすんだよ、この卵液。
母の会主催の講演会
この稿で、私は、具体的な障害名や機関名をブログ中に挙げることを避けています。
読みにくいし、違和感を感じる方もいると思います。

私が息子の話を書き始めたのは、息子については障害について以外にも
障害のことと一緒に考えなくてはいけないことがあって、
あれこれと考えているうちに頭の中がオーバーヒートしてしまい、
そんな頭の中を整理整頓したかったからです。
はじめ、他の場所に日記を作って書こうと試みたのですが、
うまく行かず、ある程度、読み手の想定できるここで書いてみることにしました。

でも、もともとこのブログは、育児とは違う話がしたい、という希望から設置したものなので、
例えば、障害名を検索してこのブログにたどり着く人がいると困るな、
そんな気持ちがなんとなくあり、具体的な言葉を避けることしました。
なにとぞ、ご理解頂ければ、幸いです。

では、モニターのこちら側からの続きです。
[母の会主催の講演会]の続きを読む
今月の顔
20061203152929

リビングのカレンダー、楽器屋さんからの頂き物なんですが、
今月の顔は、この人でした。

HERBERT VON KARAJAN

私が生涯初めて買った音楽ソフトは、
カラヤン指揮ウィーンフィルの「惑星」(確か)。
家にレコードを再生出来る機器はなかったので、テープ(^_^;)
LPレコードが聴けるステレオのあるおうちが、
憧れでありましたさ。

さて、その「惑星」ですが、演奏の印象を一言で表せば、

「透徹」

宇宙空間を、どこまでも貫いて行く光の束のような演奏です。

あの頃は、指揮者と言えば、イコールこの人!でした。
回復~(^_^)
具合いが悪くて寝込んでいたのだけれど、
今日中には復活しそうな予感。
何かもったいないな~、もうちょっと寝込んでいたいなあ、
なんて思える私は恵まれているんだろうな。
こうやって、ゆっくりしてられるのって、
ほんとに具合いの悪い時だけなんだもの。

そういえば、昔英語を習った初老の女の先生も、
ひたすら寝てられるから、「So,I like flu!」
なんて言ってたっけ。
いろいろいっぱい教えて頂いたのに、
そんなことしか、おぼえていません、ごめんなさい。
何故かドイツ人でした。
それを知らなかった友だちが、第二次世界大戦の事を聞きかじって、
「ドイツ人ってひどいですね」と発言したことがあって、
ものすごくあせったことがあったけれど、
おかげで、先生のご両親が大戦中レジスタントだった話が
聞けたのでした。
想定外のことを言う友だちがいるってのは、時には、楽しいですね。

・・・・・・・

家族はありがたいことにそろって午後まで外出中。
今日のPTAの集まりも、気持ちよく、欠席。

・・・・・・

「動物のお医者さん」の中に、仮病を使う犬の話があったなあ…。
小型犬で、普段も我が儘っ子なの(笑)
そうして、あずけられてた先で、怒られて、仮病(笑)

年末の忙しさに加えて、急に冷え込む日も多くて、
体調を崩しやすくなっております。
皆さまご自愛下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。