妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パートナーのこと
パートナー=夫、ね(笑)
15年ほど前に結婚した。その前、4年ほど付き合った。

前にも書いたけど、同じサークルの三学年上の先輩だった。
私が一年の時、彼は彼と同じ学年の先輩に恋していて、それはサークル中が知っていた。
私は私で、彼の学年の別の先輩に恋していた。これも、皆が知っていた。
でも、いろいろあって、どっちの恋も実らないだろうなあ、というのもはっきりしていて。

そんな中で、彼は、私の二つ上の先輩の1人にも、一つ上の先輩の1人にも、
ちょっとずつアプローチしたりもしてたんだな(笑)
で、私にも某巨大遊園地に一緒に遊びに行こうと誘いをかけたわけだ。
その頃、私は、デートの誘いを断るというのがない人で
(だって、そんなにすごい数の誘いがあるわけでなし、ヒマだったし)
へらへらと誘いを受けたのだった。まあ、話して楽しいとは思っていたからだけれど。
サークルのほかの人には、ナイショである。
巨大遊園地は、まあ、楽しかった、かな?でも、それ一回で終わりだろうなあ、と心の中では思っていた。

ところが、一ヶ月ほどして既にサークルをやめていたコからの情報で、
私たちが二人で巨大遊園地に行っていたことが
サークル内で知れることとなった。

どうしよっかね?と既に引退していた彼に電話すると、「対策会議をしよう」ということになって、
楽しく食べて飲んでちょっと場所かえよう、と乗ったエレベーターの中で、キスされた。

そんなことがきっかけで、付き合いはじめるようになり、4年ほど付き合って結婚したのだけれど
なにかこう、私の中で、すっきりしないでいたもの、いるもの。

彼は高校時代からの日記を私に読ませてくれたのだけれど、
その中にある高校時代に恋してた人や、
サークルの先輩を好きだった程には、自分を好きになってはくれてないんじゃないか。

お互いに少し物をナナメに見るのが好きなようなところが似ていて、
多分、ほかに、お互いよりうまくやっていける人はいないだろうな、と思って結婚したけれど、
相手が自分に全面的に惚れているんじゃない、から、
助けてほしい時に助けを求められなかったり。

なんだろう。

彼は世間的にきちんと仕事もして、気持ちよく暮らせるだけの生活費も入れてくれて、
(セックスも、ちゃんとこちらのきもちよくなるまでしてくれるし)
でも、私はどうしても、家事その他をきちんきちんとはできなくて(働いてもいないのに)、
そんな負い目もある。


うーん、わけわかんなくなりました。
つづきは…あるのかな。わかりません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。