妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高橋留美子
ひさしぶりに「めぞん一刻」を読んだら
主人公の五代が何気に友達とソープの行ったくだりがあって、
軽くショックを受けた。

なんとなく、最終巻までチェリーボーイだと思っていたのに。


ま、それはそれとして、この五代くんは、妄想の帝王で、
今になって読むと楽しい。


それにヒロインの響子さんも、もっと落ち着いた人だと
思っていたけれど、これまた、いろいろといらん憶測しては
悶々としていて、楽しい。


こんな、何年も何年も紆余曲折しまくってるのに、
そばにいつづけるカップル(でさえない)なんていないよー、
と思いながらも、読むと面白い。はまるのであった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。