妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んで初めて体得
私もたまには、なんかの拍子にスポーツすることもある。

普通に、「こうやるんだよ」と見せられ、口頭で説明されて、
すぐわかったためしがない。

基本とか、コツとか、上達法とか。

家帰って、本読んで、もう一回やってみて、というのが一番わかる。



そんで、パートナーの話。

最近ブログ読むようになって、初めて、「パートナーを愛してる」気持ちの動かしようって、
こんな感じなんだと理解した。ような気がする。

付き合い始めて20年経って、初めて彼を「アイシテル」ような気がする。



わしゃ、ロボットか。


でも、この頃、そうなの。


スポンサーサイト
片思い-1
もし、ヘタレじゃなかったら、と書いたけれど、ハイティーンの片思い、
どんなに考えても、新しい展開が思いつかなくて、
でも、思い出しているうちにどんどん楽しくなってきたので、
そのまま書こうとおもう。



かっちゃんとは、高二の時に同じクラスになった。

彼はバスケ部で、中学の時から同じバスケ部だったヒトリと、いつもツルんでいた。
かっちゃんが出た中学からは、その高校にかなりの数来ていたので、
二人の周りは、いつも同じ中学出身のコたちが男女の別なく集まって賑やかだった。

180センチ超のかっちゃんと190センチ超の相方が、学生服のズボンのポケットの手を突っ込んで
机の寄っかかってバカ話してる様子は、ちょうどおやまのてっぺんみたいで、
時には他のクラスからも友達がきて騒いでいると、そっから元気のオーラが出てくるのだった。

それを私は遠巻きに…ではなくて、その中の人たちは、何かと
「コロちゃ~ん」と手招きして輪の中に入れてくれた。

閉鎖的ってところがほんとになくて、
例えば、私はその頃まで、定期テストの結果なんて、絶対隠すものと思ってたけれど、
何かその中では、見せっこするのも当たり前で。
出席番号順に座っていた物理のときなんかは、番号の近いかっちゃんが、
「コロちゃん、何点?お、やった、勝った~」とか
無邪気に喜んでるのが、妙にカワイく思えたりした。

全体としての成績は私の方が良かったから、なんか、その辺は、乙女心ってやつで。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。