妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるタイプの人々
この話をすると、私って人道上、問題のある変態ってことになってしまう気がするのだけれど。

生まれつき、人間関係の習得能力に問題がある一群の人たちがいる。
問題があるというか、回路のつながり方が、他の人々と違うというか。

他の人々なら、教えられなくても習得する対人関係のスキルを、自然には身に付けられない人々。

例えば、「相手が怒っている」っていうのを、たいていの人は相手が暴力を振るわれたり、
大声を出されたりしなくても、それこそ物心つく前から感知できる。
でも、この人たちはできない。

それから、人間関係って距離がいろいろ(例えば、家族→友達→単なる知り合い)あるのを、
みんな無意識に区別して、接し方を臨機応変に変えてるわけだけれど、
この人たちは、できない。
すべての人ににフランク(たまたま身近にモデルがなかったからというのではない)、
あるいは、すべての人に他人行儀。

多くの人々はそういう人とは自然と距離を置くようになるものらしいけれど、
私は、そういう人たちに、どうしようもなく、魅きつけられてしまうことがある。
スポンサーサイト
恋する遊び島
今日は、生まれて初めて八景島シーパラダイスに行った。
島っていうのは非日常性があって、いい。

夕方、今日は夕焼けが格別きれいで、
その中を白いジェットコースターに乗ることにしたのだけれども。

前の回の人たちを最前部から最後部まで見渡したら、
全部ぜ~んぶ、カップルだったのには笑えた。
「「怖い思い」を共有した二人は、恋に落ちやすい」って言ったのは誰だったかな~。

そういえば、今日は家族の見ている「ハリポタ(アズカバンの囚人」の中で、何かのアクシデントの時、
ハーマイオニーがロンの手を握り締めちゃったことに、初めて気付いたんだった。

とにかくね、夕日に白いジェットコースターが映えて、見てても乗ってても、とても素敵だった。

それにしても、その時妙齢の「ヘテロのカップルしか目に付かない」って、違和感を持った私って、
ネットのやりすぎなんだなあ。
ネットって、リアルではなかなかノロケられないカップルの惚気の比率がどうしても高くなるから~。

いや、ま、目に付かないだけで、実はイレギュラーな事情を持ってるカップルもいたのかも知れないけどね。

帰りに初めて気づいた。八景島のキャッチコピー。

「恋する遊び島」・・・へー、そうだったんだ。

お茶が切れてしまった。
実家からお葬式のお返しの高級茶をもらって
ずっと飲み続けていたのだけれど、
とうとうなくなってしまった。

よく、お茶をすくう匙をなくすので、
直接、指でつまんでお茶を急須に入れたりするのだけれど、
指で感じる高級茶の感触は、格別だったなあ。

ひんやりしてて、すべすべしてて、端っこもちくちくしなくて。
濃いい緑色が美しくって。

仕方ないから高級じゃないお茶を買って来たけれど、
ざらざらチクチクで、かなしいのであった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。