妄想タケノコ
恐れ入りますが、トラックバックして下さるときは、そちらの記事中に妄想タケノコのトラックバック先となる記事をリンクしてくださるよう、お願いします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルパン3世は、何故峰不二子に惚れ続けるかについて考察する
や、そんな立派に考察できる程、経験も見聞も積んでないですけど。

「ルパン3世は何故峰不二子に惚れ続けるか」

これ、結局、不二子ちゃんがダメダメな子だからですよね。

不二子ちゃんって、本来は、
もっと違う賢い生き方の出来る境遇の人なんじゃないかと思うんですよ。
この漫画のスタートした1960年代って、今よりも、
恵まれない境遇だからハングリーさをモチベーションにするってのが
「アリ」だった時代だと思うんですけど、
峰不二子について言えば、あんまりそういうイメージがないです。
むしろ、それなりの贅沢の身についた態度で、ガツガツしてないし。
毎回、最後にちょんぼはするけれど、基本的に頭の回転は速いし、
目の付けどころ(儲け話等)も、面白くてかつ鋭いし。
美人でスタイルがいいのはもう、言わずもがなですね。

だから、まあ、普通の結婚は、性格的に無理としても、
そこそこの人物(地位も財産も容姿もイケてるタイプ)の愛人になって好き勝手でも、
小金を手に入れて、おしゃれな場所で華やかに商売でも、
どうやっても、かっこよく、ものすごく楽しんで、損をしないで
生きていけそうじゃないですか?

なのになのに、毎度毎度、アヤシイ話に首を突っ込んでは、
多大な労力を浪費しては、経済的には大して得るものなく
終わってしまう、というのをくり返しているという。

頭のいい、お馬鹿さんとでも申しましょうか。


きっと、ルパン3世は、不二子ちゃんの容姿もすごく好きだろうし、
ヤったこともあって、そっちもよかったんだろうなと思うんですけど、
でも、結局、一番魅かれてるのは、この「お馬鹿さん」部分なんだろうな、
と思うのです。

ルパン3世、毎度不二子ちゃんがアヤしい話を持ち込んだり、
仕事の途中に不二子ちゃんが鼻突っ込んで来たりする度、
内心はきっと「あー、またうまく行かないんだろーなー♪」と思いつつ、
力を貸したりーの、妨害をかわしたりーの、してるのでしょう。
不二子ちゃんが妨害工作するときって、すごい破壊力なわけですが、
でも、やっぱり、不二子ちゃんが絡んでくれるだけで、
レクリエーション気分が盛り上がっちゃうんでしょうね。

次元大介も石川五ェ門も、
「ルパンは不二子に鼻毛抜かれて、しょうもない」と言いつつ、
自分たちにはない、不二子のめちゃくちゃさを、
心のどこかで面白がってるんだろうなあ、とも思うのです。

あとは・・・アレだ。多分。
「間歇強化」ってやつ(笑
↑ご存知ない方も検索してみてくださいな。
「男を思い通りに操る術、教えます。」なんていう一文がヒットしたりします。
多分わっか~い頃、ルパンと不二子はそれなりにアツアツだった頃があって、
その後は、ルパンがどんだけ尽くしても、
見返りがあったりなかったりになったのでしょう。
たまにしか応えてもらえないからこそ、離れられなくなっちゃうという。


人類って、不二子ちゃんみたいな子がモテてて、ダイジョウブなのか?

うん、大丈夫なんです。

大抵の人は、配偶者となれば、しっかりして尽くすタイプを選ぶかもだけれど、
こうやって、本来ならマイナス要因になるところに魅かれてどうしようもない人がいるから、
遺伝子の多様性が維持出来て、
どんな地球規模のアクシデントがあっても、人類は滅びないのだー、
と、コロンは思うのです。

以上、とっても勝手な、ルパン3世考でした。



あ、実は、私、「ルパン三世」、原作も、アニメも、それほどの量は見てないです。
上の文は、あくまでも断片的な視聴から、導き出された話です。
すみません。
こういう人間関係ってあるよね?ってのを、
ルパン3世と不二子ちゃんの関係にのせて書いてみました。


で、ついでについでに思うこと。
「ルパン三世」の不二子ちゃんて、結局、
「ドラえもん」のしずかちゃんと、同じポジションですよね?





スポンサーサイト
飛行機雲
20070228104028


飛行機雲を見ると思い出すこと。
[飛行機雲]の続きを読む
タイトルなし

・・・・・・・

マルカブリスキー

・・・・・・・

や、何か、昨日ぺかっと頭に浮かんで、
そのまま頭蓋骨の裏に貼りついて取れなくなったので、
ここ書いたら、忘れられるかなあ、と思って。
告白
[告白]の続きを読む
無題
美しい人が…

健全な人しか好きにならないとしたら、

どんなにかいいだろう。









…変な日本語。


秋も、精神の不安定になる季節の変わり目なのだろうか。




はつ恋
恒例の、共同企画です。

今回のお題は…「 は つ 恋 」



初恋ってどの辺からですかって話なんですが。

よく言う「ほのかな初恋」は、今思い出して字面にすると、
もう、ほんと、いい感じ。

舞台は地方の小さな教会。(私の実家はこてこての曹洞宗なんですけどね)

木造の小さな洋館で、何年かごとにパステルカラーのペンキで塗り替えて、
いつも、きれいにしてました。
(あ、近年、その近くを通ることがあるのですが、今でもきれいにしています)
てっぺんに、ちゃんと小さな鐘楼があって、お勤めの開始の時間には
きれいな鐘の音を響かせていました。

教会は、小さな幼稚園が併設されていたので、
小さな庭には、可愛い遊具がいくつかあって、
やはり、何年かごとにまめにペンキを塗り替えられていました。

教会の主は、すごく高齢の、白髪のきれいな小柄で優しい牧師さんと、
大柄で、でもやっぱりとてもやさしい若い牧師さんと、
若い牧師さんの、ちょっと苦労人っぽくて、笑顔の優しい奥さん。

私は小学校の中学年で、近所の若いご夫婦に連れられて、
毎週教会学校に通っていました。

教会学校の先生は、ボランティアでふたりいらっしゃって、
男の先生は、声の静かな中年の高校の先生、
女の先生は、まだ若い、彫りの深いうつくしい顔立ちの人で、
天然の栗色の、さらさらの髪が印象的でした。
お二人とも、本当にお話が上手でした。

教会学校の生徒は、主に併設する幼稚園に通う子どもたちだったのか、
ほとんどが小学校低学年以下の小さな子たちばかりでした。

大きい子は、私ともう一人、二歳年上の男の子の二人だけで、
私の初恋は、この、優しい目をした男の子でした。

彼は、本当に無口で、話しても大きい声はほとんど出さなくて、
今思うと、いったい、どんなおうちのお子さんだったのかなあ…と。

本当に、あまり話もしないまま、一年ほど通ったでしょうか。

私を教会学校に誘ってくれた若いご夫婦は、転勤でその地を離れ、
それでも私は、しばらくは、バスで毎週教会に通っていたのですが、
その町と、私の住む町の間を、大きな大きな火事が襲いました。

何週間か、バスのルートが変わり、
方向音痴の私はうまく教会に行きつけなくなってしまったのでした。
そして、そのまま、私は、教会学校から、遠ざかってしまいました。

だから、その少年とも、その後会う機会もなくなってしまったのでした。

私の、ほのかな初恋のお話は、ここでおしまい。

とんぴんからりんねっと。←意味不明ですみません。


[はつ恋]の続きを読む
ハバネロ
今更ですが…。

ハバネロって、唐辛子だったんですね。
[ハバネロ]の続きを読む
ピアズ・アンソニーという作家がおりまして、
ジャンルでいうなら、ファンタジーを書いてるんだとおもうんですが。
神様…なのかな、の世界を描いたシリーズがあります。
一作ごとに主人公は違ってまして、
戦争の神や、死を司る神、時間の神、運命の女神なんかが登場します。
私がたまたま最初に読んだのは、
運命の女神のお話で、彼女の所有するタペストリィには、
全ての人間たちの生涯が、関わりが、
平行し、時に交わりそして別れる線となって
織り込まれているのです。

運命ってあるんでしょうかね?

出会ったり、別れたり。
であった瞬間にはなんとも思わなかった相手が
やがて、生涯離れられない人になったり、
離れて暮らしても、片時も忘れられない人になったり。

この人こそと思って一度は結ばれても、
やはり、長い時間を共有する相手ではなかったり。

全ては偶然。
必然と言うなら、それは、
生まれつきの性格と環境から導き出される結果にすぎない。

予め、本人の意思と関わりなく定められているものなど、
あるはずがない。

そんなことを思いつつも、
やはり、ときどき考える。

運命ってあるのかなあ、と。

[]の続きを読む
お酒の話
またまた蓮湖さん、グスタフさん、toyoくんとの共同企画です。
今回はプラス汐音さんも参加してます。

今回のテーマは「お酒」です。
[お酒の話]の続きを読む
たけのこバナー
いつもお付き合いいただいている、しぉねさんにバナー作ってもらっちゃいました♪


たけのこその2



3つ作って頂いて、これが一番のお気に入り♪
何故か、あとふたつが、今のところうまく表示できないんですが、
近日中に発表の予定で~す。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。